プレオープンに向けた試作会

地域食堂活動記録

実際の会場となる公民会で試作会を行いました

 プレオープンを前に試作会をおこないました。試作会当日は、プレオープンや4月からのスタッフ集合時間と同様のタイムスケジュールでおこないました。メニューは、事前に決めており、試作会に必要な買い出し(食材や容器)も役割分担をして事前に購入しました。

 今回は、プレオープンと4月1回目の試作ということで、2班に分かれて調理をしました。プレオープンの「元気のでるカレー」担当は、つばちゃんとまっちゃん。

 4月1回目の「鶏の照り焼き弁当」担当は、まんぶーとみーちゃん。みーちゃんは、仕事柄病院食などの調理にも関わることがあるため、慣れた手つきでどんどん調理を進めていきます。一方、つばちゃんとまっちゃんはカレーにもアレンジをし、じっくりことこと煮込んでいきます。どちらも7食ずつ作りました。
 

 調理時間は、初めてにもかかわらず1時間程度で完成しました。盛り付けのバランスをみて、次回のチラシ用に写真にもしっかりと納めました。


 その後は、反省会とプレオープンの最終確認をして解散となりました。その場で試食をしたかったのですが、今回コロナ禍のため公民館での飲食禁止ということで、各自自宅に持ち帰り2種類食べました。

感想・反省点

 実際に食べてみての感想は、もちろんメンバー全員で共有し次回改善することとなりました。
調理担当は一人ではないので、実際に調理に関わるメンバーで一度練習も兼ねてすることにより、安心して本番に臨むことができます。また、日ごろ使用している公民館でも調理器具の数や種類の再確認の意味も含めて、一度見学をすることをおすすめします。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました